« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月22日 (月)

【学力Upへの道 その6】

「自分でできる子」を育てるWill勝どき校が
お届けする「学力Upへの道 その6」です。



 今回は「量」についてです。

 
 一般的に言って
 どんな物事でも
 一定のレベルに達するには
 それだけの「量」をこなす必要があります。
 学力についても同様です。

 こういう話をすると必ず
 「量ではなく質でしょう」とか、
 「効率の方が大事でしょう」とか、
 様々な意見が出そうですが、
 今回はその議論は横に置き
 「量」についてのお話をします。
 (基本的に比較するときは同条件が鉄則)
 
 では、この「量」とは何を指しますか?
 勉強時間ですか?
 宿題の量ですか?
 解いた問題数ですか?
 
 ある意味どれも正解ですが、
 どれも違います。
 
 それは
 前回記載した「課題」を克服するために
 必要となる「量」を指します。
 これは当然、人によっても異なりますし、
 その難しさによっても異なります。
 よって、一概に「これだけやれば」と
 言えるものではありません。
 
 ただ、
 学力Upには、その目的がありますし
 その目的を達成するために
 「課題」の克服があります。
 よって、そのために必要な量を
 日々実践しなければ
 そもそもの目的が達成されないので
 意味がありません。
 (ここを正しく理解していない人が多い)
 
 よって、その課題が克服できるのであれば
 少ない量でもかまいませんし、
 短い時間でも全然かまいません
 
 目標と現状学力に差があるのであれば
 当然、克服すべき課題も多くなるでしょうから
 それに要する「量」も多くなるでしょうし、
 そこに差がないのであれば
 それほど多くの「量」を
 必要としないかもしれません。
 
 もちろん、克服すべき課題が多かったとしても
 心配する必要はありません。
 そのために日々何を実践し、
 どうやってその課題を克服していけばよいのか
 適切に指導してくれる人が必ずいます。
 そういう指導者を見つけて下さい
 そうすれば必ず学力Upします

 
  
 誰に対しても一様に
 宿題を課す
 勉強時間を課す
 そういう指導者もいますが、
 どうなんでしょう?
 同じ成果が出るとは思えませんし、
 私自身は同じ成果が出ている場面に
 遭遇したことがありません。
 (そういうとき成果が出ないのは、大概生徒の
 せいにされます。そもそも、それぞれの生徒に
 よって課題が異なるのに同じ宿題、同じ勉強時
 間を課す方がおかしいと思うのですが…)
 
 だからWillは個別指導。
 個別だからこそ
 その子の課題に向き合い
 その子の課題克服のために
 その子にとっての必要な「量」を課せる。
 そんな想いで日々指導しています。


 
 前回その5「課題」についてはこちら
 
 
 

2018年10月17日 (水)

【今月のおすすめ】

【Will勝どき校の10月のおすすめ本】

 
  
 算数嫌いの少年の夢のなかに、
 夜な夜な「数の悪魔」があらわれ、
 真夜中のレッスンが始まります。
 
 12夜にわたり数の魅力がいっぱいのお話。
 
 算数・数学好きの子供たちにとっては
 有名な本ですが、あまり得意でない子供たち
 にとっても十分に楽しめる本です。
 
 毎晩、1話ずつ読み進めるうちに
 算数も読書も好きになってしまうかも
 
 
Image1

【無料体験授業のご案内】

個別ゼミWill勝どき校では随時無料体験授業を受け付けております。
 
 
 
 ◆Webでのお申込み
 
  https://www.willsemi.jp/taiken



 ◆メールでのお申込み
 
  will-kachidoki-21@nifty.com



 ◆お電話でのお申込み
 
  TEL :03-5859-0580
  担当:山下 

2018年10月15日 (月)

【学力Upへの道 その5】

 「自分でできる子」を育てるWill勝どき校が
 お届けする「学力Upへの道 その5」です。
 
 
 
 今回は「課題」についてです。
 
 
 「〇〇君の課題は何だろう?」
 という質問をしたときに
 明確に自分の課題を言えるお子さんは
 どの程度いるでしょう?
 
 もし、それを明確に答えられるようであれば
 そのお子さんは間違いなく学力Upします。
 しかし、ほとんどのお子さんは
 この質問に対して答えることができません。
 なぜでしょう?
 
 実は、それを指摘してくれる人が
 周りにいないからです。
 (もちろん、指摘されなくとも、自ら気づき
  それを克服する為に日々努力できる子も
  います。そういうお子さんは優秀です。)
 
 いやいや
 「親としては、いつも指摘している」
 「テスト結果で課題は明確」
 「学校の先生からも指摘されている」
 「塾の先生からも指摘されている」
 ・・・
 「だから子供はわかっているはず」
 
 本当にそうでしょうか?
 指摘されているところは
 本当にお子さんの「課題」ですか?
 単にできないところではないですか?
 点数落としたところではないですか?
 
 「えっ?」
 「できないところが課題なのでは?」
 違います。

 よく
 「図形が苦手で・・・」
 「文章題が苦手で・・・」
 「読解が苦手で・・・」
 と相談を受けることがありますが
 これらはその子の「課題」ではありません。
 単にできない分野というだけです。
 
 課題とは、もっと具体的なものです。
 「漢字が読めない」
 「漢字の意味がわからない」
 「語彙が少ない(知らない言葉が多い)」
 「スラスラ読めない」
 ・・・
 だから
 「読解力がない」
 というように。
 
 ここまで明確にして
 初めて課題と言えます。
 
 課題が明確になれば
 日々の学習内容も明確になります。
 あとは実践するだけです。
 その中で新たに小さな課題が
 見つかることもあります。
 そういったことを一つひとつ
 クリアしていけば
 確実に課題は克服できます。
 
 結果、学力Upへと繋がります。


 
 自分のできないところぐらい
 子供たちはみんなわかっています。
 それを指摘したところで
 できるようになるわけではありません。
 (それでできるくらいなら
 みんな苦労はしません。)
 
 本当にお子さんの学力をUpさせたければ
 できないところを指摘するのでもなく
 苦手なところを指摘するのでもなく
 課題を明確にし
 具体的に何をすべきかを
 明示してあげることです。
 
 それだけで、
 お子さんの取り組み方が変わります。
 取り組み方が変わったら褒めて下さい。
 
 ご両親が褒めてあげれば
 お子さんはそれを続けるようになります。
 それを続けたお子さんは
 必ず学力Upします。
 
 
 
 前回その4「考える力」はこちら
 
 
 

2018年10月 9日 (火)

【学力Upへの道 その4】

 「自分でできる子」を育てるWill勝どき校が
 お届けする「学力Upへの道 その4」です。



 今回は「考える力」についてです。

 よく保護者の皆様から
 「『考える力』を身につけるにはどうすれば
 よいですか?」

 という質問を受けます。

 この質問を受けた時に真っ先に思うことは,
 この質問をする保護者の方は「本気?」
 ということです。

 その目的が
 「定期テストでよい点を取らせたい」
 「成績を上げたい」
 「偏差値を上げたい」
 「志望校に合格させたい」
 ということであれば,
 それぞれの状況に応じて
 別な手段を取った方がよい場合もあるからです。
 
 ただ,
 長期的な視点に立った上で「本気」で子どもの
 「考える力」をつけたいと思っている方には,
 以下のようにアドバイスします。
 
 「何事も疑うことからです」と。
 
 どこかで聞いたようなフレーズですね。
 そうです。
 今回,ノーベル医学生理学賞を受賞された
 本庶 佑先生が仰っていた言葉です。
 
 先生の言ったことを鵜呑みにせず疑う
 教科書に書いてあることを疑う
 親が言っていることを疑う
 大人たちが言っていることを疑う
 ・・・
 
 全て疑って,まずは自分の頭で考えてみる。
 
 これは相当に面倒な作業です。
 周りの大人たちにとっても
 面倒な子供となります。
 でも,この面倒なことを実行できる子が
 「考える力」を身につけられる子なのです。
 
 普段,点数を取らせるために
 パターン学習させる
 やたら公式化して暗記させる
 ゴロ合わせで覚えさせる
 …
 
 効率化を優先させた結果
 子供たちから「考える力」を奪っているのは?
 
 
 
 前回その3「ケアレスミス」はこちら
 

 
 
 

2018年10月 1日 (月)

【学力Upへの道 その3】

 「自分でできる子」を育てるWill勝どき校が
 お届けする「学力Upへの道 その3」です。



 今回は「ケアレスミス」についてです。

 皆さんの「ケアレスミス」の定義は何ですか?
 「計算ミス」「問題の読み間違い」
 「答えの書き間違い」…
 といったところでしょうか?

 これらをWillでは「ケアレスミス」
 とは認めません。
 その生徒の実力不足と認識します。
 
 日頃からよく計算ミスをする生徒
 問題をよく読まない生徒
 答えをきちんと書く習慣、
 確認する習慣がない生徒… 
 全て実力不足です。
 
 実力とは
 「わかる」or「わからない」ではなく
 「解ける」or「解けない」でもなく
 テスト本番で「得点する力」のことです。
 
 よって、
 本番で「得点する力がない」=「実力不足」
 なのです。

 「得点できない」⇒「実力不足」と
 認識することで
 計算の仕方が変わります
 問題の読み方が変わります
 答えの書き方、見直し方が変わります
 (Willではそこを指導します)
 
 結果として真の実力がつきます。
 真の実力がつくので点数もUpします。

 晴海中、佃中、銀座中…の生徒のみなさん
 2学期中間テストの結果はどうでしたか?
 
 「本当はできてたのに…」
 これが学力Upしない要因ですよ
 
 
 
 前回その2「読む力」はこちら
 
 
 

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »