« 進路選択セミナー 今週末開催 藤が丘 | トップページ | 藤が丘 高校生向けコラムvol.22 »

2022年8月24日 (水)

藤が丘 高校生向けコラムvol.21

このコラムは、日々高校生の授業を担当している教室長が肌で感じたことを、不定期で通塾している高校生に向けて配信しているものです 。

【質より量 vol.21 】

早いところだと今週から学校が再開となり、いよいよ新学期がスタートしますね。

高校生の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今日は「質より量」ということについて書きたいと思います。

「質より量」とはその名の通り、質の高さより量の多さを重視する考え方です。

学生である皆さんに置き換えると、学習内容の精度にこだわるあまり、1時間で数問しか解かないよりも、精度は半分くらいにしてでもより多くの問題を解く方が良いということです。

 

学校の定期テストや入試では、限られた時間の中でより多くの問題で正解することが求められます。

すなわち、自分が解ける問題、自信を持って解答出来る問題に1問でも多く取りかかる事が重要になります。

そのためには、やはり日頃からより多くの問題に触れ、パターンに慣れることが大切です。

 

中には、「1問1問完璧に理解しないと気が済まない」という人も居るでしょう。

それはそれで、とても重要な考え方なので否定はしません。

しかし、定期テストや入試といった、一定の「制限・制約」がある試験ではそうも言っていられないのが現実です。

毎年、多くの受験生を見ていますが、やはり目標達成する受験生は、他生徒と比べて圧倒的に問題数をこなしていることは言うまでもありません。

 

テストや入試では1問にこだわること以上に、正解数を増やすことが重要

 

2022年8月24日

個別ゼミウイル藤が丘校

 

|

« 進路選択セミナー 今週末開催 藤が丘 | トップページ | 藤が丘 高校生向けコラムvol.22 »