« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »

2022年8月

2022年8月30日 (火)

藤が丘 高校生向けコラムvol.22

このコラムは、日々高校生の授業を担当している教室長が肌で感じたことを、不定期で通塾している高校生に向けて配信しているものです 。

【落ち込む時間は無い vol.22】

電車には多くの学生がおり、街には賑わいが戻ってきましたね。

今週から学校が再開です!

高校生の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今日は「落ち込んでいる時間は無い」ということについて書きたいと思います。

人生、生きていれば大なり小なり、誰しも落ち込むことや悩むことがあります。

一度落ち込むと、なかなか復活できない人や酷く考え込んでしまう人も居ます。

このような状況になると、物事が進まなくなってしまったり、気分が落ち込み引きこもってしまいがちです。

そして、残念ながら、この「落ち込む」という現象は、生理的なものでありゼロにすることはできません。

 

しかし、どんなに落ち込んでも、どんなに悩んでも解決しない事の方が多いのが人生です。

だとすると、この落ち込む時間や悩む時間は出来る限り少なく、短い方が良いです。

そこで、今回は「落ち込む時間は3分以内と決める」「落ち込んだ原因と解決策を書き出す」という2点を皆さんにお伝えしたいと思います。

この3分間だけは、泣いたり悔しがったり、落ち込んだりと感情をむき出しにしてよい時間です。

しかし、3分が経過したらスマホや紙に「なぜ自分は今、落ち込んでいるのか」という原因と「これはどうしたら解決できるのか」という解決策を書き出してみます。

自分の気持ちを書き出すという作業は、物事を客観的に見つめることができ、気持ちを落ち着かせる作用があるようです。

気持ちが落ち着くと、次への一歩を踏み出しやすくなります。

人は、体が動き出すと気持ちがそちらへ向くため悩みや落ち込みから脱出することができるようになります。

 

落ち込むのは3分以内。落ち込んだ原因と解決策を書きだし、一歩を踏み出す

 

2022年8月30日

個別ゼミウイル藤が丘校

 

|

2022年8月24日 (水)

藤が丘 高校生向けコラムvol.21

このコラムは、日々高校生の授業を担当している教室長が肌で感じたことを、不定期で通塾している高校生に向けて配信しているものです 。

【質より量 vol.21 】

早いところだと今週から学校が再開となり、いよいよ新学期がスタートしますね。

高校生の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今日は「質より量」ということについて書きたいと思います。

「質より量」とはその名の通り、質の高さより量の多さを重視する考え方です。

学生である皆さんに置き換えると、学習内容の精度にこだわるあまり、1時間で数問しか解かないよりも、精度は半分くらいにしてでもより多くの問題を解く方が良いということです。

 

学校の定期テストや入試では、限られた時間の中でより多くの問題で正解することが求められます。

すなわち、自分が解ける問題、自信を持って解答出来る問題に1問でも多く取りかかる事が重要になります。

そのためには、やはり日頃からより多くの問題に触れ、パターンに慣れることが大切です。

 

中には、「1問1問完璧に理解しないと気が済まない」という人も居るでしょう。

それはそれで、とても重要な考え方なので否定はしません。

しかし、定期テストや入試といった、一定の「制限・制約」がある試験ではそうも言っていられないのが現実です。

毎年、多くの受験生を見ていますが、やはり目標達成する受験生は、他生徒と比べて圧倒的に問題数をこなしていることは言うまでもありません。

 

テストや入試では1問にこだわること以上に、正解数を増やすことが重要

 

2022年8月24日

個別ゼミウイル藤が丘校

 

|

2022年8月22日 (月)

進路選択セミナー 今週末開催 藤が丘

個別ゼミウイル藤が丘校です。

いよいよ今週末に高校生向けセミナー、『現役大学生講師が語る!私の進路選択』が開催されます。

Photo_20220822114001

先日、登壇する講師メンバーと打合せをしまたが、その打合せだけでも大変参考になる意見や考え方を聞けました。

やはり、1~2年前に受験を終えたばかりの人が話す事は、とてもリアルですし「生の声」として大変参考になりました。

当日は、Zoom開催なのでセミナー開催中にチャットを使用して随時質問も受けていきます。

自分が気になったことをその場で解決していける今回のセミナー。

参加生徒には、1つでも多くのものを持ち帰って欲しいです!

 

2022年8月22日

個別ゼミウイル藤が丘校

 

|

2022年8月16日 (火)

藤が丘 高校生向けコラムvol.20

このコラムは、日々高校生の授業を担当している教室長が肌で感じたことを、不定期で通塾している高校生に向けて配信しているものです 。

 

【感謝! vol.20】

猛烈な暑さが続いており、夜も寝苦しいほど蒸し暑いですね。体調管理には、十分気を付けて下さい。

高校生の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

さて、この「高校生向けコラム」ですが、勝手に私が始め、勝手に皆さんに配信してから今日で20回目を迎えます。

記念すべき第1号は、2022年3月14日に配信した『手の届く目標を設定するvol.1』でした。

ちなみに、このコラム、最初は高3生のみの配信でしたが、『スランプと上手く付き合うvol.4』から高1・高2生にも配信するようにしました。

「いずれ受験や就職を迎える高1・高2生にも通じる部分がある」と考えたからです。

コラムの内容は、私が高校生の授業を担当していて感じたこと、様々な教育情報から得たこと、勉強会や研修で得たことなど、様々な視点・角度から記事を書くように心がけています。

仕入れた情報は、自分なりに解釈し、噛み砕き、文字にし、読み返し、文章(コラム)にしていきます。

そうです、いつかの記事でも書きましたが「インプット」した情報は、すぐに「アウトプット」するようにしています(笑) 

誰かのためにやっていることが、巡り巡って自分の身(実)になっていることを常々感じています。

皆さんの存在に感謝せねばなりません。

これまた勝手ですが、お礼を言わせて下さい。ありがとうございます。

 

これからも少しでも皆さんに役立つような記事にしていきたいと思います。

是非、皆さんもこの記事を「他人事」として捉えるのではなく「自分事」として捉え、自身の成長へと繋げてくれると嬉しいです。

 

 

2022年8月16日

個別ゼミウイル藤が丘校

|

2022年8月10日 (水)

藤が丘 高校生向けコラムvol.19

このコラムは、日々高校生の授業を担当している教室長が肌で感じたことを、不定期で通塾している高校生に向けて配信しているものです 。

 

【手の届く目標設定を! vol.19】

世の中は今日からお盆休みに入りますが、ウイル藤が丘校は元気に教室開校です(笑)

高校生の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今日は「手の届く目標を設定しよう」ということについて、ある人の言葉をご紹介します。

それは、日本中で知らない人は居ないというくらい有名なイチロー選手の言葉です。

「目標は高く持たないといけないんですけど、あまりにも高すぎると挫折してしまう。だから、小さくとも自分で設定した目標を一つひとつクリアして満足する。それを積み重ねていけば、いつかは夢のような境地に辿り着く」「小さなことを重ねることがとんでもないところへ行く唯一の道」

 

今の自分とかけ離れた目標ではなく、努力すれば手の届く小さな目標を設定し、その目標をやり切り、自分との約束を守る。

そうして満足感や達成感を積み重ねていくことが大事なのです。

勉強でもきっと通じるところがあるのではないでしょうか。

 

小さな目標を立て、その目標をやり切り、自分との約束を守る

 

2022年8月10日

個別ゼミウイル藤が丘校

 

|

2022年8月 8日 (月)

進路選択 高校生向けセミナー 藤が丘

個別ゼミウイル藤が丘校です。

8月27日(土)、高校1年~高校3年生向けにセミナーを行います。

『現役大学生講師が語る!私の進路選択』

というテーマです。

当校に勤務する現役大学生講師が、1~2年前の自分を振り返り、「進路選択」と言うテーマで語ってもらいます。

普段授業を担当している講師の先生がどんな意図で、どんな目標があって今の大学・学部に進んだのか。

また、当時を振り返り、先人として高校生に伝えられることなど、今だから言えることもあるかと思います。

夏期講習が終わりこのタイミングで、熱く、情熱的に語ってもらいます(笑)

Photo_20220808123601

 

2022年8月8日

個別ゼミウイル藤が丘校

 

|

2022年8月 2日 (火)

藤が丘 高校生向けコラムvol.18

このコラムは、日々高校生の授業を担当している教室長が肌で感じたことを、不定期で通塾している高校生に向けて配信しているものです 。

 

【勉強という道具を使って vol.18】

猛烈な暑さが続いており、夜も寝苦しいほど蒸し暑いですね。

体調管理には、十分気を付けて下さい。

高校生の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今日は「勉強という道具を使って手に入るもの」ということについて書きたいと思います。

多くの人は、大学合格(大学生活を手に入れる)のために勉強をしている事と思います。

それはそれで間違ってはいませんが、大学に行かない人は勉強をしなくても良いかと言えば、そういうわけでもありません。

では、何のために勉強をするのか。

よく言われるのは、「勉強」という道具を使って『忍耐力を鍛える』ことができるということです。

どんなに勉強が楽しい人でも続けていくうちに壁にぶち当たります。

それを越えるのは忍耐のいる作業です。

越えても越えても壁はやってきます。

そして、越えれば越えるほど、また次の壁を越えるための忍耐力が必要になります。

また、『自信』を手に入れることもできます。

何度も何度も壁を乗り越えることで、小さな成功をたくさん経験することができます。

これも、勉強という道具を使って手に入るものの1つと言えます。

こうした成功体験を積み重ねることで『自分に対する自信』を手に入れることができます。

大学3年生になると多くの人が就職活動をスタートさせます。

何十社という数の企業にエントリーをしますが、エントリーが通るのは片手で数えられる程度です。

エントリーが通らなければ、面接に進む事が出来ません。

人によっては1社もエントリーが通らず、気付けは百社という膨大な数のエントリーをする人もいるのです。

そんな時、これまでに壁を乗り越えたことが無い人だったらどうなるでしょうか。

自分に自信が持てなくなり、ヤル気が失せ、残念ながら精神的に病んでしまう人や引きこもってしまう人も居ます。

一方、勉強という道具を使い、中学・高校時代に忍耐力を鍛え、成功体験を積み、自信を手に入れている人は、きっと壁にぶち当たっても乗り越えていくことができます。

先にも述べたとおり、大学に入る為、学校の定期テストで良い点数を取る為に勉強という道具を使うことは間違いではありません。

しかしながら、勉強という道具は、視野を広げればもっと違う使い道があるはずです。

 

視野を広げ、勉強という道具を受験以外の別の使い道も考えてみると、モチベーションUpの1つになるはず!

 

2022年8月2日

個別ゼミウイル藤が丘校

 

|

2022年8月 1日 (月)

夏期 セミナー 中学生 藤が丘

個別ゼミウイル藤が丘校です。

昨年から多くの生徒が参加しているセミナーをこの夏も開催します。

その名も

「〝ここで差がつく〟前回テストよりも得点をアップさせる勉強法」

です。

このセミナーは2年前からスタートし、大変好評を頂いているセミナーです。

今回は、これまでの内容をさらにバージョンUpさせ、より得点Upに結びつくための勉強法に特化して話を進めていきます。

お盆が明けると、前期期末テストまで約3週間となります。

「モチベーションを高める」「気持ちをテストに向ける」という点でも重要なタイミング・内容となります。

Photo_20220801103801

 

2022年8月1日

個別ゼミウイル藤が丘校

 

|

« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »