2022年9月27日 (火)

藤が丘 塾 個別指導 ウイル トップページ

このページは、個別ゼミウイル藤が丘校の教室ブログです。

藤が丘|個別指導|定期テスト対策|受験対策

Img_20211221_182114_20220421153501

 

◆生徒募集について

2022年度も内部充実を第一優先とするため、各学年において定員を設けさせて頂きます。

【募集学年と各学年の残り枠】

<9/26時点>

【各学年、残り2枠】

小1、小2、小3

小4、中2、高2

【各学年、残り1枠】

小5、小6、中1、

中3内進生、高1、

※小学5年、増枠し募集再開します。

【定員の為、今年度募集終了】

中3受験生、高3受験生

高3内進生

 

一部学年にて定員を超えた為、受け入れ枠を追加で確保しました。

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

 

各種お問合せはこちらから

資料のご請求,体験授業のお申込み,

教室見学のお申込みはこちらから

↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

https://willsemi.jp/contact/

 

最新のブログ記事

●高校生向けコラムvol.26(9/27更新)NEW!!

http://willsemi.way-nifty.com/fujigaoka/2022/09/post-a3eb61.html

●英検リスニング対策(9/24更新)NEW!!

http://willsemi.way-nifty.com/fujigaoka/2022/09/post-ee55bb.html

●高校生向けコラムvol.25(9/20更新)

http://willsemi.way-nifty.com/fujigaoka/2022/09/post-c6e2fd.html

●高校生向けコラムvol.24(9/15更新)

http://willsemi.way-nifty.com/fujigaoka/2022/09/post-13c897.html

●中学入学準備セミナー② 藤が丘(9/12更新)

http://willsemi.way-nifty.com/fujigaoka/2022/09/post-02f8d1.html

●高校生向けコラムvol.23(9/6更新)

http://willsemi.way-nifty.com/fujigaoka/2022/09/post-5248a8.html

●中学入学準備セミナー① 藤が丘(9/5更新)

http://willsemi.way-nifty.com/fujigaoka/2022/09/post-ec4edd.html

●定期テスト対策 中学生 藤が丘(9/1更新)

http://willsemi.way-nifty.com/fujigaoka/2022/09/post-b97434.html

●高校生向けコラムvol.22(8/30更新)

http://willsemi.way-nifty.com/fujigaoka/2022/08/post-df767c.html

 

私達のこと

藤が丘校の詳しいご案内は、以下をクリック↓↓

ダウンロード - e897a4e3818ce4b898e6a0a1e381aee38194e6a188e58685.pdf

Img_20211221_202859

 

求む!共に成長したい人!!

    (講師募集のお知らせ)

詳しくはこちらをクリック↓↓

http://willsemi.way-nifty.com/fujigaoka/2021/12/post-91ce49.html

Img_20211221_214327_20220421153601

 

個別ゼミウイル藤が丘校

|

藤が丘 高校生向けコラムvol.26

このコラムは、日々高校生の授業を担当している教室長が肌で感じたことを、不定期で通塾している高校生に向けて配信しているものです 。

【替えのきかない人材 vol.26】

季節は徐々に秋へ向かっているようです。

気温差が激しいので、体調を崩さないよう気を付けて下さい!

高校生の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今日は「替えのきかない人材」ということについて書きたいと思います。

大きな壁に直面したとき、誰かに責任を押しつけて被害者のフリをするのではなく、「当事者」として自分にできることを考え、周囲の力を借りながら、失敗を恐れず状況を打開しようとする人材―

このような人材を「替えのきかない人材」といいます。

替えのきく人材、すなわちAIやロボットなどで対応ができてしまうので、世の中からドンドン取り残されてしまいます。

 

先日、ある記事に「東大を出ても社会では使えない人材」という内容が書かれていました。

一流と言われる大学を出ても言われたことしかできない人、創造性の乏しい人、価値観の違いを乗り越えることが苦手な人、当事者意識に欠け問題解決を先送りにする人、世の中への貢献よりもお金と役職に執着する人が、政治や行政、民間企業の要職につき、組織や人の成長にブレーキをかけてしまっている。

そう書かれていました。

 

では、一体どうすれば「替えのきかない人材」になれるのでしょうか。

その答えは、皆さんの私生活、もっと言うと勉強の仕方にヒントが隠されています。詳しくは、来週のコラムで!!

 

AIやロボットでは対応できないような「替えのきかない人材」になろう!

 

2022年9月27日

個別ゼミウイル藤が丘校

|

2022年9月24日 (土)

英検リスニング対策 藤が丘

個別ゼミウイル藤が丘校です。

10月に実施される英検のリスニング対策を本日実施します。

対策は、5級・4級・3級で実施します。

Img20220924104342

今日の英検リスニング対策では、夏期講習で初めて英語に触れ、英検5級や4級取得を目標に夏休みを頑張った小学生たちが多く参加します。

小学生は公立中学・私立中学問わず中学入学までに5級、もしくは4級取得を目標に授業を展開しています。

今回の10月検定では、もえぎ野中学や谷本中学に進学予定の生徒さんが多く受験します!

 

2022年9月24日

個別ゼミウイル藤が丘校

 

|

2022年9月20日 (火)

藤が丘 高校生向けコラムvol.25

このコラムは、日々高校生の授業を担当している教室長が肌で感じたことを、不定期で通塾している高校生に向けて配信しているものです 。

【夏の振り返りを! vol.25】

台風の影響で天気は大荒れです。

気温差も大きいです。

体調を崩さないよう気を付けて下さい!

高校生の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今日は「夏の振り返りをしよう!」ということについて書きたいと思います。

夏休みが終わり3週間ほど経過しました。

皆さん、夏の学習成果はいかがでしょうか?

夏の振り返りをすることは、次にやってくる冬の学習計画を立てる際にとても重要なものとなります。

簡単に言うと、夏の失敗点は冬に改善させ、夏の成功は冬でも継続させる、ということが重要となります。

振り返りのポイントは、以下の通りです。

①各教科、予定通りやるべき内容を終えられたか

これは、自分で立てた計画に無理がなかったか、逆に不足はなかったか、という視点で見ます。

また、やりきれなかったものがあれば、今日以降のどこでリカバリーをするのかを決めなければなりません。

 

②各教科、理解度・定着度はどうか

これは、各教科・各単元、一通り学習はしたものの、その理解度・定着度で甘い部分はないか、という視点で見ます。

万が一、甘い単元があれば今日以降のどこかのタイミングで再度詰め直しが必要になります。

 

やったら、やりっぱなしが一番悪!

 

2022年9月20日

個別ゼミウイル藤が丘校

 

|

2022年9月15日 (木)

藤が丘 高校生向けコラムvol.24

このコラムは、日々高校生の授業を担当している教室長が肌で感じたことを、不定期で通塾している高校生に向けて配信しているものです 。

【「だ行」に注意! vol.24】

いよいよ来週はシルバーウィークです。

1日をどう使うか、しっかり計画を立てて来週を迎えましょう。

高校生の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回は「だ行」に注意!と言う事について書きたいと思います。

「だ行」には色々な言葉がありますが、特にネガティブなワードが多いのもこの「だ行」です。

『だって』『だけど』『どうせ』『でも』…

これらのワードは、言い訳をする時や投げやりのときによく出てきます。

これまでの述べてきたように、マイナスの言葉を口に出すと気持ちがそっちに引っ張られ、思うように前へ進めなくなります。

すなわち、自分で自分を追い込んでしまうのです。

勉強でも部活でも何でもそうですが、物事を上手く進めている人は、この「だ行」が会話にあまり出てきません。

自ら発する言葉にはとても大きなエネルギーがあります。

そのエネルギーを浪費しないよう、どんな時でもプラスのワードを多く発信していきましょう。

そうすれば、周りに集まってくる人も同じようなタイプの人が集まってくるものです。

 

言葉は思考に大きな影響を与える

 

2022年9月15日

個別ゼミウイル藤が丘校

 

|

2022年9月12日 (月)

続!中学入学準備セミナー 藤が丘

個別ゼミウイル藤が丘校です。

10/1(土)に小学6年生を対象に「親子で学ぼう!中学入学前に知っておくべきこと」というテーマでセミナーを行います。

ようやく、当日配布資料が出来上がりました!

Photo_20220912175001

資料は保護者用と生徒用があり、生徒用はキーワードが穴埋め形式になっており、話を聞きながらキーワードを埋めていくスタイルになっています。

Photo_20220912175002

生徒達は、答えを考えながら集中して話を聞きます。

中学入学は、他人事ではなく自分事として捉え、自分自身で少しずつ中学入学に向けて意識や行動を変えていくよう促します。

 

前回の記事はこちらからご覧ください↓↓

http://willsemi.way-nifty.com/fujigaoka/2022/09/post-ec4edd.html

 

2022年9月12日

個別ゼミウイル藤が丘校

 

 

|

2022年9月 6日 (火)

藤が丘 高校生向けコラムvol.23

このコラムは、日々高校生の授業を担当している教室長が肌で感じたことを、不定期で通塾している高校生に向けて配信しているものです 。

【小さな変化に気付こう vol.23】

まだまだ暑い日が続きますね。

どうか、体調管理には十分注意して下さいね。

高校生の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回は「小さな変化に気づこう」と言う事について書きたいと思います。

生活面や体調面、勉強面など、小さな変化に気づくことはとても重要なことです。

小さな変化に気づけば、その場で対処することできます。

しかし、小さな変化に気づかず過ごしていくと、後々取り返しのつかない事になります。

これは、これまでに述べてきた「定点観測」や「効果測定」とも通じことです。

例えば、毎日体重計にのり、体重管理をするとします。

ベスト体重が60キロだとし、今日の朝の計測で60.5キロだったとします。

この場合、500グラムオーバーなので「今日のランチは少し控えめにしよう」など、ちょっとした修正ですみます。

しかし、1週間に1回や1か月に1回の計測だと、その時には1キロや2キロオーバーしているかもしれません。

この場合は、1キロや2キロを減量することになり、相当な時間と努力が必要になります。

みなさんの場合だと、英単語や漢字、古文単語、社会系や理科系の用語(暗記物や解法手順など)がこれにあたるでしょう。

このように、毎日の(理解度・定着度)チェックをすることで、大きな修正の必要がなくなるのです。

結果として、時間や労力を格段に減らすことができます。

 

毎日のちょっとしたチェックで小さな変化に気づく

 

2022年9月6日

個別ゼミウイル藤が丘校

|

2022年9月 5日 (月)

中学入学準備セミナー 藤が丘

個別ゼミウイル藤が丘校です。

今年もやります!

小学6年生向けセミナー

「親子で学ぼう!中学入学前に知っておくべきこと」

1_20220905143001

このセミナーは昨年からスタートしたものになりますが、昨年小学6年生の在塾生の95%以上の人が参加したセミナーです。

今年もこの季節がやってきたんですね(笑)

今の中学1年生の生徒を見ていると、「去年の今頃はまだまだ幼さが残っていたけれども、今は立派に中学1年生として勉強と部活に励んでいるなぁ」と、しみじみ感じます(笑)

このセミナーは、全3回構成となっており、1回目・2回目は中学入学前、3回目は入学後の前期中間試験1ヶ月前に実施します。

中学入学まで約半年となりましたが、ウイルではこのタイミングから勉強面だけではなく生活面含め、徐々に「中学生スタイル」へ移行させていきます。

「備えあれば憂いなし」ですね!

2_20220905143001

2022年9月5日

個別ゼミウイル藤が丘校

 

 

|

2022年9月 1日 (木)

定期テスト対策 中学生 藤が丘

個別ゼミウイル藤が丘校です。

今日は9月1日、防災の日ですね。

改めて、教室内及び入口・階段等の非常設備チェックを行いました!

さて、先月中学生を対象に「前回テストよりも得点をUpさせる方法」というテーマでセミナーを行いました。

そのセミナーでは、大変多くの方に参加頂きました。

そこから数週間、地元の中学校、もえぎ野中・みたけ台中・谷本中・緑が丘中では、いよいよテスト目前です!

そこで今回は、セミナーで扱った内容の一部を特別公開致します!

これからテスト勉強を始める方は、是非参考にしてみてください!

Photo_20220901154801

Photo_20220901155301

Photo_20220901154802

 

2022年9月1日

個別ゼミウイル藤が丘校

 

|

2022年8月30日 (火)

藤が丘 高校生向けコラムvol.22

このコラムは、日々高校生の授業を担当している教室長が肌で感じたことを、不定期で通塾している高校生に向けて配信しているものです 。

【落ち込む時間は無い vol.22】

電車には多くの学生がおり、街には賑わいが戻ってきましたね。

今週から学校が再開です!

高校生の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今日は「落ち込んでいる時間は無い」ということについて書きたいと思います。

人生、生きていれば大なり小なり、誰しも落ち込むことや悩むことがあります。

一度落ち込むと、なかなか復活できない人や酷く考え込んでしまう人も居ます。

このような状況になると、物事が進まなくなってしまったり、気分が落ち込み引きこもってしまいがちです。

そして、残念ながら、この「落ち込む」という現象は、生理的なものでありゼロにすることはできません。

 

しかし、どんなに落ち込んでも、どんなに悩んでも解決しない事の方が多いのが人生です。

だとすると、この落ち込む時間や悩む時間は出来る限り少なく、短い方が良いです。

そこで、今回は「落ち込む時間は3分以内と決める」「落ち込んだ原因と解決策を書き出す」という2点を皆さんにお伝えしたいと思います。

この3分間だけは、泣いたり悔しがったり、落ち込んだりと感情をむき出しにしてよい時間です。

しかし、3分が経過したらスマホや紙に「なぜ自分は今、落ち込んでいるのか」という原因と「これはどうしたら解決できるのか」という解決策を書き出してみます。

自分の気持ちを書き出すという作業は、物事を客観的に見つめることができ、気持ちを落ち着かせる作用があるようです。

気持ちが落ち着くと、次への一歩を踏み出しやすくなります。

人は、体が動き出すと気持ちがそちらへ向くため悩みや落ち込みから脱出することができるようになります。

 

落ち込むのは3分以内。落ち込んだ原因と解決策を書きだし、一歩を踏み出す

 

2022年8月30日

個別ゼミウイル藤が丘校

 

|

«藤が丘 高校生向けコラムvol.21